Sample Image

株の買い方・売り方

近年では年金システムへの不安から様々な金融商品への「投資」が活発になっています。
同時に、投資そのものが誰でも手軽に行えるようになってきました。
外貨預金やFX、金投資などが注目を集める中で、
株式投資は特筆すべき高い可能性を秘めています。
ここでは売買方法をはじめとして各分析方法の基礎や銘柄の選び方まで詳しく解説します。

売買の一番最初のステップとして挙げられるのは【口座作成】です。
そもそも東証などの証券取引所において、上場企業の証券(≒株券)は取引されています。
しかし、投資家はこの証券取引所に注文をだして売買を行うことはできないのです。
取引は必ず「証券会社」を通して行います。
そのために、先ずは証券会社の口座を開設する必要があるのです。

その後は、開設した口座から売買取引を行うことになります。
銀行などから入金することによって、証券口座から株を買えるのです。
証券会社によっては特定の銀行と提携していることがあり、
手数料が無料になることもあります。
その他にも様々なサービスや特徴があるので、しっかり吟味して会社を選びましょう。
また、売買に伴って別途手数料が発生することを覚えておきましょう。

ここまでくれば、実際に「買う」準備は整いました。
買った株は最終的に「売る」ことで利益・損失を上げることになります。
当然のことながら、株は売らなければ損も得も決まりません。
それ故に売るタイミングが肝心なポイントになるのです。

株価の変動をチェックしながら「いくらで売るか」を決めましょう。
その後、販売する「数量」を決めてから売り注文を出します。

ここまでの流れさえわかっていれば、とりあえず売買が可能です。
習うより慣れろという言葉がある通り、まずは試しに実践してみても良いでしょう。
とはいえ、株式投資は本当に奥深いものです。
ファンダメンタル分析や自動売買などのテクニックもあります。

チャートの読み方などをしっかり把握して、
次の動き方の予想を理屈で考えられるようになれば、
一人前の投資家と言って間違いないでしょう。
様々なテクニックや知識を蓄えて億万長者を目指しましょう。

株の基本知識

株を始める前に

メカニズム

売買のポイント

分析方法

知識を深める

株と税金

色々な株

利益を出すために

比較・検討

豆知識

Copyright(c) 2012 入門ガイド All Rights Reserved.